リスクを取らないことが最大のリスクである By 羽生善治永世七冠

将棋の羽生善治さんが、また偉業を成し遂げました。

タイトル「竜王」を奪取し、通算7期、『永世竜王』になりました。

定期的に来る「羽生は衰えた」の声を一蹴。現役最強に返り咲きです。

IMG_5587

永世竜王?何それ凄いの??

将棋に詳しくない方に、ちょっとだけ将棋蘊蓄を。

永世竜王って何かと言えば。

竜王とは、8つあるタイトル戦の最高峰。普通、タイトル戦に出場すればトッププロと呼ばれ、タイトル獲得すれば一流の棋士という評価を受けます。

タイトルによって規定が異なりますが、通算7期とか、連続5期とか、一定期間タイトルを保有すると、永世●●になります。もちろん、永世称号を取った棋士なんかは「超一流」なわけです。

遡ること2008年の竜王戦は、羽生VS渡辺。勝ったほうが初代永世竜王という7番勝負、羽生さんの3連勝から渡辺さんの4連勝で逆転、『初代永世竜王』は渡辺さんが取得することになりました。

2010年の再挑戦にも破れ、しばらく竜王戦の舞台に現れませんでした・・・しかし、2017年。10年越しの悲願が実ります。

圧倒的と言っていい内容で、羽生さんが4勝1敗で勝ち、ふたりめの永世竜王の称号を手にしました。

将棋界には、8つのタイトルがあると言いましたが・・・1つは今年からタイトル戦に昇格したばかりの「叡王(えいおう)」。

それを除く7つのタイトル・・・

竜王、名人、王位、王座、
棋王、王将、棋聖。

これを羽生さんは一時期、独占して「七冠王」だったことは、あなたもきっとご存知と思います。

今回のタイトル戦の前までに、「竜王」を除く6つのタイトルは、すでに永世称号を持っていたんです。「王座」に至っては、19期連続獲得、1回敗れてさらに5期連続獲得していたので、名誉王座(※)4回分という驚異の記録を持っていました。

(※「王座」の永世称号は「名誉王座」といいます)

なので今回、久々の竜王戦登場で・・・タイトルを取って「永世七冠」になるのかどうか。

注目の集まるタイトル戦でした。

若手の台頭!羽生さんは衰えたのか?

近年、若手棋士が上位に食い込んできて、タイトルも取り始めています。いっとき前までは、『羽生世代』と呼ばれる、羽生さんと同世代の棋士がタイトル戦の常連だったのですが・・・

ここ数年は、羽生世代は苦戦。状況が変わってきています。そして、羽生さんも今年に入って、他のタイトルを2つ失っていました。。。

「さすがに衰えたか」
「世代交代の波が来た」
「無冠になる日も近い」

などと噂されていました。

が、そんな心配もなんのその。圧巻の強さで、竜王を奪取しました。

まぁ。そもそも。

羽生さんは7冠を独占したときから、少し負けが重なると「羽生は衰えた」という声がどこからともなく聞こえてきます。

衰えた、衰えたと言われ続けて20年。

でもその実、ほとんど三冠以上はキープしていましたし、気づけば永世七冠になるんですから。。。

衰えただなんて、私は言えません。トッププロと戦い続けて勝率7割超えですからね・・・知れば知るほど、凄さのわかる棋士です。

常に挑戦あるのみ

将棋をやっていて、羽生さんが嫌いな人はほとんどいません。というのも、実績が凄いのはもちろんですが、将棋がカッコいいんです。

あえて相手の得意な戦法で戦ったり、無理筋と言われている手を指したり、流行の最新系を取り入れたり・・・その姿勢に惹かれます。

詰ませ方も、一見すると「???」と思うような手を指して、解説者を混乱させたりします。

数手後にようやく意図が分かるような。

常に、チャレンジ。常に、攻めの姿勢。攻め続けたからこそ、前に進み続けたからこそ、永世七冠にもなれたのでしょう。。。

羽生さんの、こんな言葉があります。

「リスクを取らないことが最大のリスクである。」

シビれますね。いっときの負けよりも、チャレンジしないことの方が、トータルで見てマイナスだということを深く理解していて・・・かつそれを、シビアな勝負の世界で体現できているわけですからね・・・

羽生さんの記録、実はもう1つ、達成間近なものがあるんです。

それは・・・

・・・

タイトル獲得数通算100期。

ちなみに今、99期!

来年には必ず達成するでしょうね。。。

大名人と呼ばれた大山康晴十五世名人ですら、80期・・・

いやぁ。凄いもんです。

最近、将棋界凄いです。

藤井聡太四段デビュー
加藤一二三九段引退&TVで大人気
羽生永世七冠誕生         ←イマココ
羽生永世七冠、タイトル100期獲得

こんな記録ばかり見ていたら・・・常に、チャレンジしていこうと、強く感じますね。

2017年も残り17日。まだまだ、あります。

あなたは、何にチャレンジしますか??

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

▼サトウのSNSを今すぐフォローする▼