強烈な印象を残した5冊の本をご紹介

社会人になって10年間。それなりに多くの本を読み漁ってきました。そんな中でも、考え方に変化が起こったり、もっと言えば人生に刺激を与えてくれた5冊の本をご紹介します。

book-2160539_1920

本って、一番で手軽な能力開発の方法です。過去の賢人たちの経験を自分のものにすることができる、最良の学びの方法のひとつです。

読書の有用性については言うまでもありませんが、様々な方が言葉を残しています。

良き書物を読むことは、過去の最も優れた人達と会話をかわすようなものである。

The reading of all good books is like a conversation with the finest minds of past centuries.

デカルト(フランスの哲学者、数学者)

書物そのものは、君に幸福をもたらすわけではない。ただ書物は、君が君自身の中へ帰るのを助けてくれる。

ヘルマン・ヘッセ(ドイツの小説家、詩人、ノーベル文学賞受賞)

読書は学問の手段である。学問は実践への方法である。
実地に臨み経験を積んでこそ、勇気と力が生まれるはずである。

福沢諭吉

何か得たいものがあって、その材料として本を読むというのがおススメの方法です。本を読んで「ああ、良いこと知った!」だけでは何も変わりません。

本から知恵を得て、それを行動に変えていくことで、人生に変化を起こすことができます。サトウのお勧めの言葉の中に、あなたが何か感じるものがあってほしい。そして、その本を読んだことで、何か少しでも変化を得ることができますように。

エッセンシャル思考 / グレッグ マキューン

Amazonでグレッグ マキューン, 高橋 璃子のエッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする。アマゾンならポイント還元本が多数。グレッグ マキューン, 高橋 璃子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またエッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にするもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

一つ目はエッセンシャル思考という本です。2017年に読んだ本で確実に自分の中に浸透した一番の良書。

一言でいえば、『本当に大事なものだけに注力しなさい』って言う本。なので、別にこの本じゃなくてもいいかもしれません。それを謳っている本はたくさんあります。

ただ、サトウにとってはものすごくいいタイミングで出会えた本。なので、客観的に見るとかなり加点されてます。でも、『そういう本』ってあるんですよ。今、欲しいときに、欲しいものが目の前に降ってきた。まさにそんな感じ。

学習や経験を重ねるうちに、どんどん増えていく情報・スキル。でもその一方で、自分の時間は有限で、自分の使えるパワーも有限その有限なものをいかに割り振るか。対象を絞って、それに注力することが成功するというための鍵という、言われれば当然、しかしなかなか出来ないことを指摘してくれた本でした。

エッセンシャル思考の中の言葉を借りると、『より少なく、しかしより良く』。いい言葉ですよね。

コーチングの大先輩から教わった本で2017年に読みました。めちゃくちゃ何度も読み直しています。何人もの方に紹介していますが、読んだ人がすごく印象に残る本って言ってくれています。サトウの中でのバイブルになった本です。

道は開ける / デール・カーネギー

Amazonでデール カーネギー, Dale Carnegie, 香山 晶の道は開ける 新装版。アマゾンならポイント還元本が多数。デール カーネギー, Dale Carnegie, 香山 晶作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また道は開ける 新装版もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

二つ目は、大ベストセラーにもなっている、デール・カーネギーの『道は開ける』という本です。簡単に言えば、悩みとどう付き合って、いかに解消しようかという本です。

悩みがある状態そのものが良くないことを認識させてくれたり、悩まないようにするための考え方とか、批判を気にしなくするマインドとか。それをいろんなエピソードで、切れ味のいい言葉で紹介しながら、自分に置き換えて考えられる本です。

いちばん衝撃的だったのは、序章。まだ本編が始まる前の段階で、もうほとんど結論めいたことを言っています。

それは何かと言うと・・・

本書にはことさら目新しいことは書いていないけれども、普通あまり実行されていないことが多く出てくるだろう。いずれにしても、我々はお互いに何も新しいことを学ぶ必要はない。完全な生活を送るための方法は、すでに知っているのだ。

ただ私たちの欠点は、無知ではなくて無為なのである。

これをスパッと言ってくれる本書は、凄い。本当に知ってることさえできない・・・。でも、知識を求めてしまう・・・

行動することの大切さを改めて教えてくれる本です。

億万長者のお金を生み出す26の行動原則 / ダン・S・ケネディ

Amazonでダン・S.ケネディ, 小川忠洋の億万長者のお金を生み出す26の行動原則。アマゾンならポイント還元本が多数。ダン・S.ケネディ, 小川忠洋作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また億万長者のお金を生み出す26の行動原則もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

三つ目は、2013年ぐらいに最初に読んだ本。『億万長者のお金を生み出す26の行動原則』です。1回読んで、でもその時にはよくわからなくて手放して。でも、何かのタイミングでもう一度手にする機会があった、運命的な本です。

2016年に読んだ中での最高の一冊ですね。

ちょうど起業を目指していたとき、サラリーマンのマインドから、起業家としてのマインドに切り替えてくれるような本です。耳障りのいい本では決してないけど、明快に大切なことを伝えてくれています

2回、3回と読むごとに、じんわりと浸透する本でした。

7つの習慣ティーンズ / ショーン コヴィー

Amazonでショーン コヴィー, フランクリンコヴィージャパン, Sean Coveyの7つの習慣 ティーンズ。アマゾンならポイント還元本が多数。ショーン コヴィー, フランクリンコヴィージャパン, Sean Covey作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また7つの習慣 ティーンズもアマゾン配送商品なら通常...

これは、サトウが大学生の頃に初めて読んだ本です。

有名な『七つの習慣』をティーンズ向けに書いた本です。内容は大きくは7つの習慣そのままで、エピソード高校生とか大学生向けに書いています。

サトウの中で、無意識的ですけど転機になったと感じています。自分で人生って作ってくもんなんだなっていうことを、はじめて意識的に理解したきっかけの本です。

7つの習慣を読んだのは31歳の頃なんですが、ティーンズだけで30歳まで過ごしてきました。が、それで十分でしたよ。ティーンズの内容がしっかり入ってたおかげで、7つの習慣の完訳版読んだ時に、すごく入りやすかったですしね。

チーズはどこへ消えた / スペンサー ジョンソン

Amazonでスペンサー ジョンソン, Spencer Johnson, 門田 美鈴のチーズはどこへ消えた?。アマゾンならポイント還元本が多数。スペンサー ジョンソン, Spencer Johnson, 門田 美鈴作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またチーズはどこへ消えた?もアマゾン配送商品なら通常配送無料...

これもすごく有名な本ですね。今にして思えば、サトウが最初に読んだ自己啓発本ではないでしょうか。

『変化』をテーマにした本。自分が置かれた状況に、じっくり考えるのも大事だけども、それよりも『行動を起こして』して積極的に変化に対応した方がいいという本でしょうか。

変化についていけないものは、ゆくゆく廃れてしまうよっていう風なことを、ネズミとチーズを使ったエピソードで展開しています。高校生のサトウにもすんなり読めた、面白い本でした。

これもたまたま実家にあって読んだんですよね。誰かがベストセラーだったからって買ったのかどうか分かりませんが・・・初めて読んで感銘を受けたの覚えてますね。大人になって、改めて買い直して読みましたが、あの時受けた感銘は間違っていませんでした。

おわりに

私も、誰かに勧められて読んだ本がほとんどです。本との出会いは一期一会。そして、自分の状態によっても、感じ方は変わってきます。

この記事でご紹介した、サトウが自信をもってオススメする5冊。読み応えがありますよ。

ぜひ手にとってみてください。そして、読んでみてのご感想、良かったら教えてくださいね。

あなたの生活に、何か一つでも変化が起こることを期待しています★

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

▼サトウのSNSを今すぐフォローする▼