迷ったら、勇気のいる方を選択する

一日一捨の習慣によって、色々なものを手放し始めました。

使っていないペンや使いかけのノート、全然読んでいなかった資料や本、着なくなった洋服。まだまだ捨てやすいものが続きます。

が・・・

これから、捨てづらいものにも入っていきます。

怖いような、楽しみなような・・・いろんな気持ちが湧いています。

trash-99257_1280

明確な基準を持つとスムーズになる

捨てていく中で、すぐに捨てられたり、迷ってしまったり、迷った挙句にとっておいたり・・・そんなことを繰り返す中で、感じたことがあります。

それは・・・

==============
 捨てる基準を定めておく
==============

ということです。

これどうしようかなぁ。。。
捨ててもいいけど、
また使うかもしれないからなぁぁ・・・

そうして取っておいたもののうち、9割はもう二度と使わず、何年後かの大掃除のときに、捨てるということになるんでしょう。ただ、気持ちとしては捨てるのは怖い保有し続けたままにするのは、今までと変化がなく、安心ですからね。

でも、変化は楽むもの、と捉えていきたいものです。

ブレイクスルーを起こす道のりは、チャレンジの連続です。

今までの自分と同じことをしていては、今までの自分の延長上にしか行けません。将来の自分から逆算して、今の自分の行動を選んでいく。

今の出来ないことに挑むので、当然、多くはチャレンジになります。この繰り返しがブレイクスルーへの道のりです。

サトウの信条に、こんな言葉があります。

『迷ったら、勇気のいる方を選択する』

自分の成長のためには、よりチャレンジングな方を選ぶことが必要。そう感じたため、勇気が必要な方を選ぶ・・・そんなことを掲げてずっとやってきています。

これを一日一捨に応用するならば。

===========
 迷ったら、捨てる
===========

ですね。

これで基準はかなり明快になります。捨てる方に大幅に傾くので、相当勇気が必要ですが、大きな変化が起こります。

きっと、決断のためのスピードも速まります。

捨てたところで、また手に入るものばかり

本当に捨てて、もしまた必要になったら、もう一回買えばいいだけですし。モノが多かったり、環境を大きく変えたい人に向いているやり方ですね。

実証は、サトウがこれからやっていくので、あなたも一緒にやりながら試しましょう!

もしかしたら。

プレッシャーが大きくかかるので、人によっては、

==============
 迷ったら、捨てない
==============

という基準でもいいかも知れません。

モノは減らないので環境の変化は小さいですが、迷うという、不毛な時間を短縮できます。あまりに大きな変化はまだ怖いという人や、既にキレイだから、あとは判断しやすい人向けかも。

まぁ、いずれにせよ。

基準を決めたら、機械のように。

淡々と。手順に従い。余計なことは考えず。

迷ったら、●●●●を選択する。

あなたの信条にも、ぜひ加えてください。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

▼サトウのSNSを今すぐフォローする▼