メルマガを書き続けるための仕組みづくり ①作業分割

ブレイクスルーコーチのサトウです。

東京は朝からゲリラ豪雨です。
局所的に、短い時間ながら激しく降ることが予想されますので・・
あなたも、傘をお忘れなく。

さて。
昨日から、8月の立志としての「毎日のメルマガ発行」についてお伝えしています。
=============================
できる限り簡単になるように工夫して、
頭の使う作業を減らしてルーチン化して、
作業の際に迷いない状態にすること
=============================

が習慣化のポイントであるとお伝えしました。
今日から5日間、サトウが行っているメルマガ発行のための工夫をお伝えします。

初日、1つめの工夫をお伝えします。

作業を分割する

工夫の一つ目は、「日々行うことを決める」ということです。

「えっ、何を言っているんだ!?メルマガを書くんでしょう!?」

と思われるかもしれませんが・・・
「メルマガを書く」というタスクは大きすぎます。
ステップが多い、と言い換えてもいいですね。

大きなタスクを分割して、
日々の行動が簡単になるレベルまで落とし込み、
日々、具体的に何を行うかをあらかじめ決める、ということです。

作業分割とも言えるでしょう。

メルマガ発行を大変に感じる理由があるとすれば、
単純に「作業が多い」が一因です。
ざっと分解してみても、以下のことがありますよね。

1.何を書くか決める(伝えたいことを決める)
2.タイトルを決める
3.全体の構成を決める
4.文章をざっくりと書く
5.文章を見直す
6.メール配信設定をする
7.メールを送る

意識していないにせよ、この7つのステップを経て、メールが配信されます。
この全部を、毎日一度にやろうとするから、大変なんです。

サトウはこれを作業分割しました。

「毎日やるのは5.6.7.の3ステップだけ」と決めています。

具体的には、
1.2.を土曜に。
3.4.を日曜に。
5.6.7.は毎日。

というルーチンで書く、というルールを作りました。

「考える」「書く」「見直す」の3つに分解した、とも言えますね。

分割したら、同類の作業まとめる

分割したら、一つ一つのタスクは簡単になっているはずです。
その次には、同類の作業はまとめる、異質の作業は分けてスケジュールを組みます。
理由は簡単、その方が効率が良いです。
「考える」と「書く」は別の日にまとめる、というわけです。

こうルールを決めることで、毎日の作業の負荷はグッと下がります。
既にあらかた完成しているものを「見直す」だけでいいわけですからね。

しかも、見直しだけに集中できるので、
結果的に質の高い内容を提供することにつながる
というメリットしかないやり方です。

誤字・脱字が冒頭にひとつあるだけで、文章の信頼度は3割下がると言われています。

せっかくメルマガを発行し、読んでいただくのですから、
誤字・脱字があっては読んでくださる方々にも失礼ですよね。
新たな気分で見直すことで、客観的な立場で見れるようになるわけです。

分割して、既に今週分はほとんど書いているわけですが・・・
正直に内容をぶっちゃけると、今週は以下のテーマで発行します。

月:メルマガの立志
火:メルマガ習慣化Tips①曜日ごとの作業分割
水:メルマガ習慣化Tips②標準カテゴリの曜日分け
木:メルマガ習慣化Tips③すでにある習慣にくっつける
金:メルマガ習慣化Tips④宣言する
土:メルマガ習慣化Tips⑤準備行動の完了
日:サトウの実録:コーチング

土曜日にはこれと並行して翌1週間で書くことのタイトル決めをして、
日曜日には文章の構成・あら書きを行って・・・

はい、あっという間に1週間終わり!です。
これを4回繰り返せばほとんど1ヶ月ですからね。

いかがですか?これなら簡単でしょう??

分割すれば簡単になる

あなたが現在、メルマガを負担に感じているとしても、
毎日20分、「見直しをして発行するだけ」と思えれば・・・

簡単にできそうに思いませんか??

何故簡単に出来そうに思えるのかと言えば、
具体的なところまでイメージできるようになったからです。

人間はイメージできるものは、必ず、実現できます。
つまり、タスク分割が作業実行可否に直結するというわけです。

なので、「簡単にできるように、頑張って工夫する」を先にやるんです。
「この手順なら簡単にできそうだな」と思えるサイクルが作れれば、
それだけで、実践は保証されたようなものです。

あなたもぜひ実践して、出来る限りラクにメルマガを始めて、かつ続けていきましょう♪

もちろん、メルマガに限らず、応用が利く習慣化のポイントです。
ぜひあなたも参考にしてみてください。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

▼サトウのSNSを今すぐフォローする▼