“いつか”は99%来ない。期限を決めるメリットとその決め方

あけましておめでとうございます。

2018年が始まりました。去年にも増して、今年もバリバリ働いていきますよ~~!去年は『模索』の一年でしたが、2018年は『創造』をテーマにする一年です。

celebration-3042641_1920

『何を』創造するかって・・・今年も様々なことにチャレンジして、その『結果』を作り出すという意味。なので、去年以上に結果を重視する一年になります。

サトウも皆さんと同じで、いろいろあるんですよ。やりたいことが。去年の年末に、2018年で成し遂げたいことを書いたのですが・・・とてもじゃないけど今の自分自身では出来そうもない、ハードルが高いものもいくつかあります。

「やりたい、得たい、こうなりたい」という、数々の夢。これらを「いつかできたらいいな」のままでは、達成は見込めません。

「いつか」は、99%来ません。

実現のためには、期限決めが必須。日付を入れて、その期限までにやろうと必死に行動するからこそ、実現に近づくのです。

夢を書き出すこと。そして期限を決めること。

『夢を100個、書き出しましょう!』みたいなことを実際にやっていたり、そういったことを勧めている本を読んだりしたこと、あなたもあることでしょう。

実は、というかもちろんサトウもやっていますよ、『ドリーム100』のリスト。やりたいことを紙にして書き出してそれを適宜見直すこと、これもめちゃめちゃ大切です。

やったことない人は、『100個書いたからって叶うのかよ』って疑うかもしれませんが・・・やってみれば分かります。叶うんです。これが。

しかも、叶っていることが手に取って分かるんで、セルフイメージがどんどん高まるし、さらなる夢が出てくるようになって好循環のいいことづくめ。おススメです。

ただ、『書いただけ』ですべてが叶うかって言うと、もちろんそうじゃないです。引き寄せの法則と一緒。積極的に自分で行動しなきゃいけないことも多い。特に、今の自分の能力以上のことは、行動無しには成し得ません

その一歩目が『期限を決めること』です。期限を決めると、『やりたい』ことが、『自分がやるべきこと』に変わってきます。

具体的に考えてみれば、期限を決めることで言葉の重みが変わることに気が付きます。

『(いつか)富士山に登りたい』なのか、

『2018年8月に富士山に登る』なのか。

明らかに後者の方が自分事として感じられますよね。自分事になれば、達成するためにまず何をしようか、次にどうしようか、具体的なことまで考える必要が出てきます。

明確な日付を入れることで、脳の中でのスイッチが入ります

期限を決める、これがスタートなのです。特に年始はいいタイミングですよ。『2018年以内に』ということで期限を切りやすいですから。ただ、もっと細かくしたほうがいいですね。2018年8月31日に、とか、2018年4月30日までに、とか。

具体的になっていればいるほど、行動も具体的になります。

banner-3004316_1920

夢・ゴール・目標の関係性

期限の決め方の前に、将来に関係する言葉を改めて定義しておきましょう。将来に関する言葉『夢・ゴール・目標』、この3つの言葉を正確に定義します。

『夢』は、将来実現させたいと、心の中に思い描いている願い、願望の状態。平たく言えば、「やりたい、得たい、なりたい」と思っているだけの状態のこと。

『ゴール』は、夢に明確な期限を決めた状態。夢の状態「やりたい、得たい、なりたい」に日付を入れて、「2018年10月31日までに○○をやる、得る、なる」となっている状態で、最終到達点とも言えます。

『目標』は、ゴールに到達するために設けた道しるべ。ゴールを細分化したもので、かつ自力で実行可能な指標のことです。『SMARTの法則』を学習するとよく分かりますが、到達点であるゴールと比べて、自分でやりさえすれば100%達成できるものです。

期限を決めるために必要な2つのステップ

いつかやりたいなと思っていること、いろいろありますよね。特に、『やりたい100のリスト』とかを作ると、どんどん膨らみ、あれもこれも出来たらいいよなって感じます。書いた直後なんかは、出来るような意識になっています。

でも、本当に実現させたいなら、まず期限決めがスタートです。脳のスイッチを入れて、本当に自分事としてとらえるために、期限を決めてください。

期限を決める簡単な2ステップをお伝えします。

それは・・・

1.何も制約が無かったら、いつやりたいかを考える

2.その日をゴールに決める!

これだけです。要は、思い切って決めちゃえってこと。仮にでも無理矢理にでもいいから、期限を決めて動き始めることが、実現への近道です。

『決めた日に必ず達成すること』が重要なのではなく、『脳にスイッチを入れて、本気になること』が重要です。本気でその夢を達成する行動を取り始めること。

動き始めれば、情報が集まります。行動することで、他に必要なものが分かったり、自力では難しいことがわかったり、協力者が出てきたり、実はいらないものが見えてくることもあります。

悩んでる暇があるなら、絶対に何か行動したほうがいい。

必要なのは、決断と行動

去年の年始にやりたいって思っていたことが、この1年で実現できなかったのなら・・・そして同じようなことを何年も感じているなら、抜本的にやり方を変える必要がありますよ。

『期限を決めたくない』という人もいますが、それは甘えだし、逃げです。

“いつかやりたい”・・・そう待っているだけではいつまで経っても何も変わりません。

変化を生み出すのはいつだって自分自身の行動によるもの。日付を決めて、本気になって、夢を実現させる道へ進んでいきませんか?

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

▼サトウのSNSを今すぐフォローする▼