行動宣言法と言行一致の法則

5月も終わり、6月になります。もう少しで2017年も半分が終わってしまいます。
あなたは、今年の目標への進捗はいかがでしょうか??

今年という単位でなくても、毎月の目標は立てている方も多いと思います。ちなみにサトウの5月の目標はというと・・・コーチングのブログ記事のUPでした。

進捗が遅れ気味だったのですが、先週末の勉強会では、「今月中にあと2記事UPしますよ」と宣言していました。実はこの「宣言」こそが、行動促進のポイントとなるのです。

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-CAFEnomadojyosi15221149

言行一致の法則はあまりにも強力

勉強会の中とはいえ、コーチングで宣言したこの行動・・・宣言したからには、やらないわけにはいかない・・・という、責任を感じるのです。

あなたも、経験はありませんか?

「~~までに、XXXXやっとくよ!」と言って。

言ってしまった手前、やらなきゃ!となって必死になったこと。多くの場合、ささいな約束であっても、それを守ろうとしたハズです。

言行一致の法則、というものがあります。

人は誰でも、自分の言ったことと、自分の行動は一致させたいという心理が働いています。言い換えれば、嘘つきにはなりたくないということでもありますし、嘘つきは信頼されなくなるということを、これまでの人生で学んでいるからです。

自分でやろうと決めたことをやり遂げたいと思う力も十分強いですが、それを「誰かに宣言してしまっている」のであれば、何が何でも必死でやろうとします。

他人を巻き込む、言行一致の法則はとても強力なのです。

ということは、逆に言えば。

「やるって言えばやるんだからどんどん宣言した方がいい」ということにもなりますよね。

これを「行動宣言法」と読んでいます。あなたも、もし行動を起こせなかったり、ためらってしまうようなことがあれば・・・「行動宣言法」を試してみてはいかがでしょうか。

書き上げたコーチング記事、少しずつUPしていますのでご参考にどうぞ。

コーチング総合案内
このページは、コーチングの総合案内ページです。 コーチングのことを初めて知ったという方から、なんとなく知っているけど、もっとわかりやす...

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

▼サトウのSNSを今すぐフォローする▼