確立された方法を、素直にそのまま実行する

勉強熱心なあなたは、知識を得るために本を読んだりすることでしょう。

本には、確立されたノウハウが詰まっています。それを使おうと、いざ自分の立場に置き換えてみると、なかなか上手くできない・・・。そしてまた別の本を読み、新たな知識を得て、『いいとこ取り』の独自のノウハウを生み出した経験、ありませんか??

実はそれは、落とし穴。まずは、確立されたノウハウをその通りに実行することが大切なのです。

stairs-2726106_1920

少し前に書きました、『風来のシレン』についての記事。意外なことに、ご好評いただきました。なんだ、みんな。ゲーム好きなんだなぁ。

"エッセンシャル思考"なゲームしてみた
今回は、大好きなゲームのご紹介です。世界で一番面白いゲームです。 昨日、1年ぶりぐらいに・・・『風来のシレン』をやりました。 ご...

サトウの、恥ずかしくなるほどパーソナルな面だったので正直、少しためらったのですが。たまにはあんな感じの記事も書いていこうという、新しい発見になりました。

勇気を持ってコメントいただいた皆さんに感謝です。感謝しつつ、調子に乗りついでにもう一つ。『風来のシレン』で書きます。

確立されたノウハウをその通りに実行することが大切ということについて書きますが、ゲームなんてまさに、知識と経験がモノを言います。特に、マニアの世界ではそれが顕著・・・

そんなブログをぜひ、最後までお読みください。

風来のシレン紹介、再び・・・!

手始めに、少しシレンを紹介します。シレンには、4つのダンジョンがあります。

1.テーブルマウンテン
2.掛軸裏の洞窟
3.食神の祠
4.フェイの最終問題

どのダンジョンも、1階から先に進んでいくのですが・・・

1.は30階でクリア、アイテム持ち込みOK。

2~4はアイテムの持ち込みNGで、本当のゼロスタートになります。

2.は16Fで、
3.は25Fで、

それぞれ、あるキャラクターに話しかければクリアです。

4.のダンジョンは、99階のゴールを目指していくんですね。

シレンをやったことのない方は、いや、やったことのある方もおそらく・・・

なんだ、4.以外はわりと簡単じゃないか・・・

と思われることでしょう。でもそれは、少し違う。サトウのようなマニアは、4.では飽き足らずに2.3.をやりこみます。キャラクターに話しかけず、どんどん潜っていくことができるので、無視し続けて99Fを目指す。そんなチャレンジが、マニアの間では、なされているんです。

4.は、もともとのゴールが99Fなので、そこまで何とか進めるように、それなりのアイテムが出るんですよ。武器・防具を強くするアイテムだったり、他のダンジョンでは拾えないような「特別なアイテム」だったり。

だから、実は99F行くのであれば、4が一番簡単。

2.掛軸裏の洞窟が最難関なんです。

アイテムは少ないし、

サトウも高校時代に、クリアせずに深く深く潜ったらどうなるんだろう・・・と思って、冒険を進めたことがありました。でも、大したアイテムが出ないわりに、36Fで敵が極端に強くなるのは同じで、行けてもせいぜい50Fでした。

ああ、こりゃ難しいわ・・・と思っていました。

先人マニアたちの工夫、知恵の結晶

・・・でも。それに勇敢に立ち向かっていた先人マニアたちがいました。ゲームの特性を活かした方法での“攻略テクニック”が生み出されていました。

そして、多くの人にプレイされる中で、改良に改良を重ね・・・進化し、体系化されてきました。マニアの見るホームページでは、そのテクニックが惜しげもなく公開されていました。

高校の時、はじめてのその攻略サイトを見て、めちゃくちゃ興奮したのを覚えています。

『何だこいつら、アホか!』
『でもめちゃめちゃすげえ!』

という感じ。

当然、”その手法”を真似して99Fを目指します。癖のあるテクニックなので、すぐには習得できませんでしたが、たくさん練習して、やっていくうちにその深い意図を理解することが出来てきます。

そして、チャレンジにチャレンジを重ね・・・

ついにクリアするわけです。

いやぁ、最初は本当に感動したなぁ。

まぁ、99Fを降りても、無限に99Fのままなんですが・・・。いいんです、それはそれで笑

長々とお伝えしてきましたが。何を言いたいのかというと・・・

==============
 確立された方法を使え
==============

ということです。

自分の力では出来なければ、先人たちの苦心の結果生み出されてきた、

『効果の高い』
『再現性のある』

方法をキッチリ使うことがベストです。やり方をその通りになぞって、自分のものとして使えるスキルにすることが大事です。

結構、『オリジナル』にこだわってしまう方もいるんですが。。。

守破離の教えにもあるように、まずは基本をキッチリ、これが大事です。

実績のある、有効なものを使って、自分のスキルを高めていきましょう。オリジナルになるのは、その後でも遅くありません。

シレンだったら、

『ガマゴンレベル上げ』はもとより、
『地獄穴』とか、
『シューベル肉屋』とか・・・

まぁ、いろいろあるんですよ。笑

確立された方法を、「そのまま」実行する

シレンの話で進めてきましたが、あなたのビジネスの領域でも、『効果的な方法』として確立されているものが、必ずあるはずです。

それを、確実に実施し続けることが、出来ているでしょうか??

100%理解する前に、自己流を、オリジナリティを加えてしまってはいないでしょうか??

まずは、『確立された方法』に素直に、愚直に取り組んでみてください。それを繰り返すことによって、深い意図を理解することができ、自分のレベルが上がっていきます。

オリジナリティは、その後。それからで十分です。

さて。

何から取り組んでいきますか??

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

▼サトウのSNSを今すぐフォローする▼