“将棋普及指導員サトウ”のコーチング的な将棋の教え方とは?

サトウは「将棋普及指導員」として、大人向けの将棋講座をやっています。

カルチャーセンターのから依頼で、大人・女性・初心者向けの講座。相手は、50代ぐらいの女性が中心で、これから将棋を覚えたいという方々。

この方々に、どう教えるか・・・
どう伝えれば、分かりやすいか・・・

今回は、私の講座の内容を”ちょっとだけ”お伝えします。

IMG_5587

コーチング式 将棋講座 とは!?

最初に将棋への印象を聞くのですが、難しいとか、頭がいい人にしかできないとか。自分がやることを考えると、なかなかとっつきづらい、ネガティブな捉え方をする人が少なくありません。

もちろんプラスの意見も出ますが、ネガティブな方がやや多いのが通例です。なので、まずは「興味」を持ってもらって、楽しく学ぶことが一番です。

様々なアプローチを試しましたが、試行錯誤を重ね、効果的だと感じているのが・・・

サトウが編み出した、『コーチング式』の将棋の教え方です。

(まぁ、そんな風には大っぴらには言っていないですが)

■子供と大人は覚え方が違う

子供に教える場合などは、詰め込み教育でもとりあえずは大丈夫。駒の動かし方やルールをまず伝えて、それを実戦の中で何度も何度も繰り返しやることで定着します。

何故なら、子供は「単純記憶」が秀でているから。

つまり丸暗記が得意なので、たくさんの量をインプットをするのが効果的なのです。

とはいえ、インプットだけではまだ半分。両親や兄弟に教わったことを話す、アウトプットをすることで、より定着します。

家でも指したり会話が多い子は、その分ぐんぐん伸びていきます。

一方、大人の場合は、「単純記憶」が子供と比べると衰えています

脳の構造が変わってくるので、同じ詰込み型の教え方では上手くいきません。大人になると、「複雑記憶」が発達します。全体を把握したり、意味のあるストーリーとして理解したり、これまでの知識と紐付けたり。

関連させて理解をするということが得意になってきます。

なので、大人への教え方は、

これまでの知識と関連するように

ということを意識しながら教えると、覚えるのが早くなります。

多くの人は、教わることにすらネガティブ

ですが、受講生の声を聴くと・・・あるんですよね。

「いっぺんに教えられ、全部はなかなか覚えられない」
「『何で覚えられないんだ!』と怒られる」
「スパルタ教育でついていけない」

・・・耳が痛い話です。

アマチュアでも将棋が強い方はたくさんいます。が、教えるのが上手な方は残念ながら多くないです。そういう人から教わると、残念ながら将棋が嫌いになってしまうことさえあります。

「強さ」を示したい人なんてもってのほか。「正しい知識」を「正しく伝えよう」とするのも、受講生のためになりません。それは、ある程度させるようになった人へ伝える方法。

初心者に教えるためには・・・

初心者と同じ言葉を使い、同じ疑問を共有し、同じ目線に立った考え方が出来ないといけません。

必要なのは、「受講生の気持ちになって、受講生が分かる言葉で伝えること」です。

問いを立て、答えさせよ

ということで、将棋普及指導員のサトウの大人・初心者への教え方。

それは、疑問を解消していくというスタイルです。

本当に初めての方向けの講座では、簡単なルール説明ののちに『駒』を触ってもらいます。そして、隣の人同士で話し合ってもらって、

「駒を触ってみて、気づいたことを、何でもいいから5個挙げて!」

という問いから始めています。

将棋を知っている人から見たら、何を言っているんだと思われるかもしれません・・・が。これがまぁ、いろいろ出るんですよ。

・大きさが違う
・いろんな種類がある
・文字が書いてある
・裏面にも文字が書いてある
・裏面が無いものもある
・木で作られている
・五角形だ
・厚みがある
・王将?玉将?
・金とか銀とか、宝物?
・将とか車とか馬とか、戦争?

・・・みたいな。

この挙がってきた意見に対して、全て答えて疑問を解消していきます。

これが、興味を持たせて楽しく伝えるということ。(詳しくは、解説しませんが・・・)

写真 2017-10-10 12 09 11

なるほど!を増やしていく

このように、
「問いから始める」ということと、
「参加者に意見をもらう」というのが、『コーチング式』な教え方です。

自分たちが疑問に感じた点があり、それを解説していくスタイル。疑問を抱くことで興味がわき、さらにその疑問を解消することで、納得しながら覚えられます。

「なるほど!」「へぇ~!」ということが多く聞かれます。都度都度、雑学も交えたりしながら。チェスや囲碁の例も入れていくので、これまでの知識と関連して覚えられます。

受講された方からも、
「こんな講義初めてで面白い!」
「難しいと思ってたけど、楽しく受講できた!」

というご意見もいただいています。嬉しい限りです。

コーチングは学びのプロセスそのもの

この教え方のヒントは、コーチングから得ました。コーチングのメリットもここにあります。

『本人から出てきた意見』だから、自分事として考えられます。

『気づきを話し、理解を整理する』からこそ、定着していくわけです。

一般的な教え方は、教科書を読むように、先生が知識を与えるだけ。言ってしまえばコンサルですよね。

コンサルは「正しいことを言う」かも知れませんが、本人の納得度から言うと疑問が残ります。だったら、本人の気づきに着目して、それを取り上げて話題にする方が、はるかに本人のためになります。

そう。

コーチングは気づきのプロセス。学びのプロセス。あらゆる学びに応用できます。

あなたもぜひ、学びのプロセスに『コーチング』を取り入れてみてはいかがでしょうか??

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

▼サトウのSNSを今すぐフォローする▼