徹底的に叩け!懐疑的な視点で「商品」を見直すベネフィットとは?

昨日はクライアントと「商品洗練」のセッションでした。

『商品に懐疑的な視点で反対意見をください!!』

要望上手なクライアントは、成果の出せる、とっても良いクライアントです。ということで。ふたりで懐疑的意見を探すセッションになりました。

実はこれが、思いもよらない効果を出すのです・・・

dispute-1959751_1920

『本当にそうなんですか?』懐疑的な視点

練りに練って作った商品のページ。パッと見は好印象。

要望通りに、懐疑的な意見を出さねばと重箱の隅をつつく視点で見ます。

『実績は!?』
『価格の根拠は!?』
『意見食い違うでしょそれ!?』
『スタッフ止めたらどうすんの?』

『本当にそうなんですか!?』

・・・と、かれこれ15分。
商品をタコ殴りにしてやりました。これだけ言えばもう懐疑的な意見を言いたい人も大満足でしょう。

反撃のターンが楽しすぎる

さて、ひと通り、好きに言わせたところで。

ここからが反撃のターンです。一個ずつ反論探しに、ふたりでまた意見出しです。

『これだけのことをやってきたIさんが提供するから間違いない』
『谷口師匠の学びだぞ』
『価格は、売上〇円アップの〇%』
『優秀なスタッフは辞めるもんです。だったら、スタッフが気持ちよく独立できる、応援できるオーナーになりましょうよ!(その方法は・・・)』

反撃のターン。めっっっっっっっっっっちゃ楽しい♪

懐疑的な意見を予測し、反論を言えているか?

さて。商品の話に戻ります。

一生懸命作って、これでいいだろうと思って、何人かの友人知人に見てもらって。おそらく、大半は好意的な意見や反応を得られるでしょう。

でもね。

みんながそう見ているわけではないんです。中には、懐疑的な視点で見る人がいます。たぶん、7割はそういう目で見るでしょうね。

だからこそ、『反論を用意して、ぐうの音も出ないほどの解決策を用意しておく』ことが、あなたの信頼を掴むのです。

反論していくと、自分の強みが浮き彫りになるし、商品の足りないところもわかる。

一石何鳥かっていうぐらい、メリットしかないっすね。

思いがけない収穫も・・・

反撃のターンでは、思わぬ副産物もありました。それは・・・

新たな商品が見えてくる!!

ということ!!

そりゃそうか。足りないところを補っていく方法を検討して議論していくので・・・それ以上に価値のあることが見つかる可能性がめちゃくちゃ高いですからね。

ふえええーーー。

ご参考の出典を

この方法、リッチ・シェフレン氏の提唱している方法だそうです。

動画をご紹介いただいたので、ここでもシェアします。ぜひ、ご覧くださいね★

あなたの商品も。サトウ自身の商品も、タコ殴りにしてやらないと♪

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

▼サトウのSNSを今すぐフォローする▼