コンプレックスこそを強みに変えていく方法 -後編-

前編に引き続いて。

ボイトレの体験レッスンに行ってきました。良さそうなところが2つあったので、この3連休で比較したいなぁと予約フォームから予約をすると、どちらも時間帯の確認が来て、土曜・日曜に両方を行けることとなりました。

サトウにとって、「比較する」は結構大事な要素だったりします。

のですが・・・

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-ina85_dinamicmaiku

比較による迷いvs選択による納得感

比較することのメリットは、選択への納得感が出ることです。選択肢を比べてみることで、「より良いものを選んだぞ」という納得感ですね。

しかし選択肢を広げるということはその分、「迷い」にもつながりますから、一長一短の諸刃の剣でもあります。事実、サトウは迷いました。

土曜に行ったスクールは、渋谷にあって駅から5分ぐらい。渋谷までは家から35分、それなりにかかります。初のボイトレなので、緊張気味でスタートするも、先生の年齢はわずか一歳上なだけ。すぐに自然体になることが出来ました。

ボイトレのメリットを多く語ってくれて、基本の発声練習を行って終了。比較対象が無ければ、すぐにココ!って決めていいレベルでした。諸々のスクールの説明を20分ほど受けました。明日に他の体験レッスンがあることを伝え、明日の17時までには連絡すると伝えました。

一方、日曜に行ったスクールは、池袋にあって駅から3分ぐらい。池袋までは20分。立地でいえば断然コチラ。同条件ならば絶対に池袋なのです。しかも・・・建物がキレイだわぁ。待合スペースも広いし。

先日に他スクールで体験レッスンを受けている旨を伝えると、少し違ったアプローチでやってくれました。先生は現役のナレーターを仕事にしている、40歳ぐらいでしょうか。理屈で説明するタイプの先生です。

そもそも日本語はそこまで口を開けなくていい言語だとか、口を開くよりも大切なことは・・・とか。パッと見では「何だこの人!?」って感じだったんですが、30分のレッスン後には納得感・満足感でいっぱいでした。さすがプロ。こちらも、比較対象が無ければ、すぐにココ!って決めていいレベルでした。

スクールの説明を20分ほど受けた後に、迷う時間を10分貰いました。

体験すると返報性が働く

言うまでもなくどちらもちゃんとしたスクールですから、それなりに良いんですよ。良いものが二つ並ぶと、選ぶのに迷いが出てしまいます。

これなんですよね。比較のデメリット。

それぞれに特徴があるから、必ず迷う。下手にそして体験しているから、どうも断りづらいというか、義理というか、何かの感情が少し湧く。返報性が働くのです。「体験で比較して決めます」と事前に双方に伝えているものの、そうしてまでもやはり少し躊躇いが生じる。

でも、通うのは当然片方のみ。決めました。

池袋の方です。近いし、キレイだから。

決めたら、決めたことを正当化したくなる

迷う時間の10分で冷静に考え、比較検討した結果です。
早速手続きを行い、1月分のお金もその場で支払いました。

迷いを断つと気持ちがいいものですね。
「初回レッスン、いつにしますか?」

「今日は無理ですか?」

と、その場で当日のレッスンをねじ込んでもらいました。このいい気持ちをさらに充実なものに変えないと!と思って。迷って決めたことは、「これに決めてよかった」という自己肯定感がほしくなるんですね。

渋谷の方には断りの電話も入れ、万全の体制です。

で、本レッスン初回、楽しくかつ新しいことを学べました♪
ちょっとずつ、確実に変わっていくのが楽しみです(^^)

体験のサービスはあるのか?

ボイトレスクールの話を例に、最近感じた「比較は迷いの原因」ということを感じました。

また、「体験させる」ことの訴求力の大きさも、改めて実感しました。

あなたのサービスには、「体験」出来るものはありますか??

人は頭で考えますが、感情の力の方が強いです。
感情に訴えかける、体験のサービスをぜひ、充実していきましょう。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

▼サトウのSNSを今すぐフォローする▼