服装の即効性と継続性。「見られ方」を変える最速の方法

ブレイクスルーコーチのサトウです。

先週日曜日に、ファッションセミナーを受けました。
「20代・30代のためのオフの日ファッション入門セミナー」というものです。

サトウは服は好きなのですが、
ちゃんと学んだことなんて当然なく、
流行も追わず、雑誌も美容院で読む以外、まったく読みません。

完全に自分の趣味と、「いいな!」と思ったものを取り入れているだけ。
特に男性は、多くの方がそんな感じなのではないでしょうか。

知識があれば「基準」を持てる

サトウはそんな感じなのですが、友人のFukuharaさんが毎回オシャレな方で・・・。
彼のファッションから一部参考に取り入れたりして試したりするほどです。
(将Give活動にも来てくださっている方です)

そのFukuharaさんが、今回のセミナーをやるというので迷わず参加を決めました。

2時間のセミナー。
多くの学びがあり、あっという間に時間が過ぎました。

一番印象に残ったのが、「素材感」の話ですねぇ。

素材感=季節感、はなんとなく感覚でわかっていたのですが・・・

どれが伸縮性の優れている素材なのか・・・とか、
素材が混ざっているものは毛玉ができやすい・・・とか。

聞いたことのほとんどがサトウにとっては新鮮で斬新で、
楽しかったと思う一方で、あまりに知識がないんだなぁということを知りました。

と同時に、もう少し「知識」として持っておけば
服選びの際の基準が増えるなぁと感じます。
「基準」があれば、気になったのをイチイチ全部着る手間は不要になり、
迷いも少なくなりますよね。

「自信を持って」選択出来るようになります。
さらに、それは時間短縮にもつながりますよね。

夢の一つに、「ファッションの学習」が追加された一日でした。

もうひとつ、感じたことは、
セミナーの内容はもとより、講師が「楽しそう」ということでした。

いろいろ質問すれば何でも出てくるし、
本当に好きなことを語ってくれたんだなぁと伝わってきました。

エネルギーを分けていただきました♪

服装を変えれば「見られ方」が変わり、それは持続する

服装を気にしていない方はまったく気にしないでしょうが、
案外、他人は見ていないようで、見ているものです

「そんなのまったく気にしない。俺は俺だし」という考え方もあるでしょう。
が、ビジネスであっても「その俺」を選んでくれるかどうか、
そのひとつのポイントに、ぱっと見の印象の良し悪しはどうしたって存在します。

見た目の印象がいい人と悪い人、まったく同じ条件であれば、
あなたなら、「どちらと仕事をしたいか?」ということです。

サトウなら見た目の良い方。
見た目に気を使っている方を選びます。間違いなく。
より細かいところへの気配りが出来そうかな?と感じますし、
自分自身にとってよりプラスになりそうな気がするからです。

服装は、多少の投資はかかりますが、
自分自身の「見せ方」を一気に変えることが出来るツール、
と捉えることも出来ます。

どういう自分になりたいかが明確になったときには、

「その時の自分は他人からどう見られているか」

という視点でも考えてみましょう。
どんな立ち居振る舞いをしていて、どんな服装をしているか。

立ち居振る舞いは意識して積み重ねが必要ですが、
服装であれば、買うだけ&着るだけでできます。

これほど簡単なイメージアップの方法はないでしょう。
買ったものなので、また着れば継続も出来ますしね。

いかがでしたでしょうか。
「服装」にはこんな捉え方もアリかと思います。
ぜひ、あなたも「ひとつのツール」として捉えて、使ってみてはいかがでしょうか。

それではまた明日。