感覚の違うところに飛び込んで得る学び

ブレイクスルーコーチのサトウです。

この土日は「将Give」の活動です。

昨日は将棋交流会、今日は初心者向け将棋講座の日です。
最近の充実感がそう思わせるのか、ものすごく久しぶりな感覚です。

どちらのイベントの前にも、運営ミーティングをして臨むのですが・・・
いつも以上にしっかりと手順を踏んで、気を引き締めて行きたいと思います。

将棋を2つに分けると・・・

将棋の少し専門的な話になりますが・・・
将棋の戦法には、大きく分けて2種類あります。
飛車を最初の位置で使う「居飛車」か、
玉の左側に持ってきて使う「振り飛車」か。

飛車の位置によって全く展開が変わってきます。

サトウはほとんどずっと居飛車でやってきた「居飛車党」なのですが、
昨日のイベントのペア将棋で振り飛車を指す機会がありました。

結果は負けてしまったのですが、なかなか面白い展開になって、
「振り飛車感覚」が少しわかった気がしました。

と同時に、その良さも分かって、振り飛車を指したくなっています。

違和感しかないが、だからこその学びがある

真逆といえるぐらい感覚が違うのですが、

たまにそういった「自分にないもの」に触れてみると・・・
新しい発見があるものです。

本来はガンガン攻めたいのに・・・
守勢で受け流すような手を考えてみたり、
カウンターっぽく指してみたり。

新しい発見を勝ちにつなげるまでにはもう一工夫必要ですが、
気づきを、学びを得られたのは将棋人生にとって、大きなことです。

そんなことを改めて気付いた、将棋の日でした♪

あなたも、ご自身の外側にあるものも、
たまにのぞいてみると新しい発見があるかもしれません。

それではまた明日。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

▼サトウのSNSを今すぐフォローする▼