習慣の救済策:セーフティネットを身に着けよう

ブレイクスルーコーチのサトウです。

サトウはメルマガを8月1日より書き始めましたが、
今日で一か月半になります。

毎日欠かさずお届けしてきました。

サトウにとっては新たなことへの取り組みであったため、
色々と仕組み作りを工夫しました。

仕組みの一つは、時間を決めていることです。

「朝」の8時から8時半に書くというルールを定めました。
通勤後に自己学習の時間があるので、そのあとの8時から。
毎日やるのは、下書きされた文書の見直しと推敲、送信。

時間とやることを具体的に決めておくことで、
「あとは行動するだけ」の状態になるので、
行動へのさしたるモチベーションは不要になります。

でも出来ない時だってあるでしょう

我ながらいい仕組みなのですが・・・
ぶっちゃけ言うとこれでもまだ完璧ではないです。

この1ヶ月半の間を見てみると、1週間に1~2回は、
その時間に書けないこともありました。

普段の生活スタイルと違ってしまったり、
どうも体調が思わしくなかったり・・・。
様々な理由はあれど、共通しているのは、
「やりたいときに出来ない可能性はある」ということ。

これを察知できるかどうかが習慣化のポイントです。

実は、そうなることも織り込み済みなんです。
「書けないときもあるだろう」と。

出来ないときのルールを決めておく

出来ないときも多分1割2割はありますよ。
日々、忙しく働いているのですから。
だから、予備の時間を押さえています。

ルールはこうです。

「朝」の8時から8時半に書く
もし出来なければ、
それ以降パソコンを開いたときに最初にメルマガを書く。

大抵の場合、夜の22時には帰っているので、
時間の指定でもでもよいのですが・・・

サトウはパソコンを開かない日はほとんどない、かつ、
経験則的に、時間よりも「状態」を具体的にした方が、
効果的だろうと判断して、こんな工夫にしました。

いずれにせよ、大切なことは。

「もし決められた時間帯に出来なければ」

の場合の、回避策・対応策を事前に考えておくということです。

この仕組みさえあれば、「出来なかった日」を
限りなくゼロにすることが出来ます。

サトウは、習慣のセーフティネットと呼んでいます。

セーフティネットは「甘え」の仕組みではない

セーフティネットの時間までを確保することが出来るからこそ、
普段のやるべき習慣は「朝」に持ってくると良いです。

ですがセーフティネットは甘えの仕組みではなく、
行動目標を遂行するための方法であることを覚えておきましょう。

「なにがなんでもセーフティネットのタスクはやる」
の意識です。

習慣化が上手くいかない方は、
「できた」「できない」が1回のタイミングで決まってしまう、
シビアな仕組みにしている方が多いです。

意志の力だけでは、継続は難しいです。
1回出来なくとも、リカバリー出来る仕組みを作っておくことは、
精神衛生上も非常に健全なものになりますよ。

ぜひ、あなたもご参考にしてください☆

それではまた明日。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

▼サトウのSNSを今すぐフォローする▼