圧倒的な強みを作る方法

ブレイクスルーコーチのサトウです。

今日は、池袋のカフェ・インスクエアに来ています。

知人に先日教えてもらった場所なのですが、静かで落ち着いていていい感じです。
お気に入りの場所となりそうです。

さてさて、サトウさんはどんな趣味をお持ちでしょうか??

サトウは趣味・特技を仕事にして社会に貢献していくことを掲げています。
そのためには圧倒的な強みを持つ必要があります。

今日はその「圧倒的な強みを持つ」方法をお伝えします。

趣味ではなくても応用の効く方法ですので、
ぜひ最後までお読みください。

まずは周りを見てみよう

趣味の世界では、自分と同じことを好きな「趣味仲間」が必ずいます。
サトウの場合を例に取ってみると・・・将棋はこんな範囲で広がっています。

ネットで指していたり、
将棋センターで指していたり、
プロや奨励会員の講座を受けたり、
ニコニコ生放送を楽しみにしていたり、
プロ棋士の参加するイベントに来ていたり・・・

各々が思い思いに楽しんでいます。

サトウの場合は「指したい」という意識が強かったので、
指す環境のことに絞ってお話をします。

ネットでは、手軽にいつでも相手を探すことが出来て、
無料でも楽しめます。
(1日1局だったり3局だったり、限定があるサービスが多いですが。)

スマホ越しになったり、相手の顔が見えないことがデメリット。

将棋センターに行けば、実際の盤と駒を使って、
実際の対戦相手が目の前にいるという環境で指せるわけです。

若干のお金はかかりますが、ネットよりも「真剣」に指すことが出来ます。

感想戦もまぁ、人によってはやってくれる。
いい人とばかり指せるかと言うと、そうとも限らないのが悔しいところ。

不満を解消すれば「圧倒的な強み」に生まれ変わる

「将棋を指す」ということに着目すると、
ネットか将棋センターかのどちらかで満たされる部分は大きいです
が、サトウが体験したところでは、どちらでも満足のできない部分がありました。

例えば、こんなところ。

「同世代と指せない(指してるかわからない)」
「感想戦がじっくりは出来ない」
「礼儀正しい人と対局が出来ない」
「一つの局面をみんなで検討出来ない」
「教えてもらえない」

等など、この辺が出来ないことがちょっと不満だよねと思っていました。

そして、これは後々になって確信することなのですが、
多くの方が、同じような不満を感じていました。

この辺が解消できるような仕組みがあればいいのに。。。

サトウさんも、ご自身の趣味などに置き換えると、どうでしょうか。
全て満足できているということはなく、どこか割り切っている部分があるはずです。

そこに気付き、その不満を解消できるような仕組みを作りましょう。

この「不満解消」こそが、
趣味起業で自分の強みを発揮する簡単なやり方です。

色々試してみて、満たされない部分に強みを「作る」だけ。

サトウの将Giveの例でいえば、
「同世代」と「感想戦」の2つがキーポイントです。

ここを前面に押し出すような団体は
(少なくともすぐにネットで見つかる場所には)無かったので、
非常に強力なアピールポイントになりました。

強みは作るもの

強力なアピールポイントを誰にでもわかりやすい形でアピールしていけば、
同じように考えている人たちが集まり、
やがてはその輪が大きく広がっていきます。

「強み」は出来ていくものではなく、
作っていくものです。

サトウさんのビジネスの強みはどんなところですか??

圧倒的な強みを作り、ブレイクスルーを起こしていきましょう。

では、また明日。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

▼サトウのSNSを今すぐフォローする▼