年間成長率の差はどこから生まれるか

ブレイクスルーコーチのサトウです。
今日は大阪から帰る新幹線の中からです。

出張は移動につかれますが、好きです。
ビジネスホテルの朝食バイキングが好きだし、
通勤も近くのホテルから歩いて10分以内なので・・・

いつもと違う気分の朝を迎え、思った以上にのんびりしてしまいました。

朝食を食べて部屋に戻ったら「集中」モードになり、
懸案事項をひとつ、片付けられました。

環境が変われば、新たな気持ちになり、
大切な「変化」を強制的に与えられたのかなと思います。

変化を受け入れることがブレイクスルーのカギ

ブレイクスルーには「変化」が必要不可欠ですから、
常に新しい、刺激的な環境に身を置きたいものです。

ブレイクスルーする、いわゆる「成功者」は年間成長率が20%~30%と言われています。

一方で、普通の一般人は年間3%程度と言われています。
まぁ、サラリーマンの場合で考えれば、
給料は頑張っても年間3%上がるかどうか・・・

と考えれば、ある程度は信用していい数字なのかもしれません。

年間25%上積みしていこうと思ったら・・・
普通のやり方ではダメですよね。

「それなり」の動き方でなくては、年間25%UPは達成できません。

好きなこと、安全・簡単にできることばかりをやっていては、
微増にしかならないでしょう。

知らないけど成果が出そうなことに全力を尽くすから、
結果が出るようになるわけです。

変化を前向きに受け入れ、自分の可能性をひろげていきましょう。

ブレイクスルーを起こすことをコミットして、
強烈な推進力で前に進んでいきましょう。

とは言いつつもブレーキは生存本能そのもの

しかし、人間の生存本能的には「変化」を嫌います。

現状に留まろうとする力や、
推進力の反対のブレーキがかかってしまいます。

生存本能的には、安全な状態からわざわざ危険な状態に行くことは、
好ましいことではありません。

しかし、そこにあえて挑んでいくのが、
年間成長率25%の成功者たちです。

逆風にも立ち向かい、推進していくことが求められます。

こういうシチュエーションにこそ、コーチの存在が役に立ちます。

客観的に見て適切なフィードバックを行いつつ、
掲げた大きな目標、ステップアップ出来るゴールに向かって進む。

これが、ブレイクスルーコーチングです。

年間成長率、25%へ。

あなたもビッグチャレンジをし続けて、
はるかな高みへ到達していきませんか??

では、また明日。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

▼サトウのSNSを今すぐフォローする▼