ただの経験なのか、「リソース」なのかを決定づけるたった一つの要素

ブレイクスルーコーチのサトウです。

サトウは昨日は、将棋のタイトル戦のひとつ「王座戦」の大盤解説会に行ってきました。

実際のタイトル戦と並行して、現在行われているタイトル戦の闘いを、
別のプロ棋士が解説を行うという・・・
将棋ファンにはお馴染みの光景です。

ではせっかくなので、少しご紹介します

サトウも時間が合えば聞きに行くんですが・・・

昨日は予想通りの大・大・大盛況。

200人分ぐらいの椅子がありましたが、
それでは到底収まりきらず、50人以上が立ち見でした。
(私も立ち見のひとりです)

やっぱり年齢層は高めで、40代~60代と見受けられる男性が7割ぐらいですね。
女性ファンもいますが、多くはないですね。
あと、子供連れの親子が少々と。

羽生さんの対局の時の解説会はやっぱり他の人よりも多い気がしますね。
王座防衛に向けてまず1勝、嬉しい限りです。

途中、「次の一手クイズ」があって、
当てた方から抽選で将棋のグッズがもらえたりします。

と、将棋のタイトル戦ってこんな感じです。

サトウにとっては当たり前の将棋の光景ですが、
あなたはどう感じましたでしょうか??

「それでそれで!?もっと聞きたい!!」

と、もしあなたが思われたのであれば、
将棋の世界へどっぷり足を浸かりに来てください。

しかし、そういう方は極々まれなハズ。

おそらく「ふーん」と感じましたよね。

これは「リソース」なのかどうか??

そりゃそうですよ、ビジネスをテーマとしたブログですから、
(残念なことに)将棋に興味のある方ばかりではありません。

ですが、将棋を覚えたい人、将棋を始めたばかりの人にとっては、
かなり興味深い内容と感じることでしょう。

このような、将棋の話なんかは、「サトウ」だから語れることで、
そういった場合は、サトウのリソースの一つと考えられます。
相手によってはリソースになるので、「リソース」なんですこれは。

お伝えしたかったのは、まさにここ。

「過去のどんな体験もリソースになる」

ということです。

サトウが小学校に入る前から今までやっている将棋ですから、
まぁ人並み以上には語れますよね。

ですが、自分自身では「たいしたことない」って思いがちです。

上には上がいるし、自分にとっては当たりだし、
本当にたいしたことのない、体験・経験だと思っていました。

違います。

全ての経験は、あなたにしかない、貴重なリソースです。
価値のある、宝の山です。

お宝発掘の旅に行ってらっしゃい!

掘り起こしさえすれば、どんな人であっても、いろいろなものが出てきます。
経験・体験・持ち物・知識。

ひとよりちょっと得意なことがあれば、それだけで十分です。

大切なのはそれを、「宝の山」と認識出来るかどうか。
認識さえできれば、貴重なリソースに生まれ変わります。

今日は、あなた自身を振り返ってみてください。

あなたの中に埋もれていて、まだ発掘できていないリソースは何ですか??
どんなリソースがあなたにはありますか??

それを探してみてくださいね☆

それでは、また明日。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

▼サトウのSNSを今すぐフォローする▼