客観的な視点を持つことのメリット

ブレイクスルーコーチのサトウです。

昨日は少し飲み過ぎてしまいました。
朝、ふと起きるとどうも身体がイマイチです。
翌日に影響するほど飲んでしまうとは・・・
ちょっと、反省です。

さて、気を取り直して!

コーチングセッションを始めるにあたって

コーチングをするときに、いきなりセッションをするコーチがいます。
波長の合うコーチとクライアントならばいいのですが・・・
必ずしも波長が合うクライアントばかりとは限りません。

人間にはタイプがあります。

・しっかり考えてから動きたい人
・まずやってみたい人
・アイディア出しをたくさんしたい人
・成果から逆算したい人

コーチングは「行動させる」ように働きかけるわけですが、
人それぞれ、これまでの経験が違います。
当然、思考パターンも違いますから、
上手くいったときと同じようなコーチングをしても、相手によって成果が出るとは限りません。

タイプによって、動機づけも異なりますから、
当然そのタイプに合わせたコーチングが必要です。

クライアントを客観的に見てからコーチングを開始する

このように、いくつも例を挙げてきましたが、

クライアントのタイプ、「特性」をまず理解しないことには、
効果的なコーチングは出来ません。

まず、アセスメントでクライアントを客観的に分析したり、
コーチングの前、「プレ・コーチング」を通じて、
クライアントに合わせたコーチングプロセスを作り、それを進めていきます。

また、そのプロセスもクライアントと一緒に創っていくことが大切だと考えています。

やらされていることではなく、
主体的にやっていること!
自分がやりたいことだから、こういう風なプロセスでやる!!!

どうせやるなら、成果の高いコーチングをしましょう!
どうせやるなら、そういうコーチングが出来るコーチを選びましょう!

それでは、また明日。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

▼サトウのSNSを今すぐフォローする▼