迷いを断ち切る最善の方法

ブレイクスルーコーチのサトウです。

気づけば8月も残り1週間を切りました。

オリンピックも甲子園も終わっているので、
そりゃあそうかと思う一方で、
改めて月日の流れの速さを感じます。

8月の立志、「メルマガ毎日書くぞ!」が継続出来ていますが、
最初の頃よりモチベーションに頼らず出来ています。
「頑張ってやること」から、
「当然すべきこと」に変わってきました。

いい傾向です。

===

さて、今日は迷いを断ち切る話です。

これを覚えておくだけで、
スピーディーに決断でき、
行動する時間をより多く生み出せるようになります。

ぜひ、最後までお読みください。

そもそも、「迷い」の原因は何でしょうか。

少し考えてみてください。

どんな原因が思い浮かびましたでしょうか?

サトウは「選択肢」だと考えています。

何事にも選択肢があり、「どちらにするか」「どれにするか」を考え、
それが決め切らないのが「迷い」の招待です。

あなたの毎日を振り返ってみましょう。

複数の選択肢からひとつを選ぶ、という機会がありますよね。
簡単なものでは、

・どの道を通って帰ろうか
・夕飯は何を食べようか
・明日はどこに行こうか
・友人へのプレゼントは何にしようか

など、日々は選択の連続で成り立っています。

ビジネスでも同様に、選択の連続なのですが、
日々の生活より難しい選択となっていることが多いでしょう。

・広告の文言はどっちがいいだろうか
・どのビジネスセミナーを受けさせようか
・Aの企画とBの企画、どちらを進めてみようか
・この事業、やるべきかどうしようか
・この事業、やめるべきかどうしようか

ビジネスの選択は、経営資源であるお金や時間と直結するので、
毎日の生活の選択よりは、熟慮が必要そうに見えます。

大きな企業であれば上司や経営層が判断すべきことも多いですが、
我々のような個人事業・小規模企業であれば、
自分自身の価値観・理念に沿って判断することがほとんどです。

「どれもそれなりに魅力的」に見える選択肢の中から、
的確な判断をスピーディーにしていくことが必要になってきます。

「迷って決められずに動けない」という状態は、
何も生み出さない、無駄な時間です。

どういう決断をするにせよ、スパッと決めたいものです。

この「迷い」を断ち切る方法をひとつ、お伝えします。
非常に効果的で、確実な方法ですので、
今日からあなたも実践してみてください。

「迷いを断ち切る」方法とは・・・

====================
 迷ったら○○な方を選ぶ
 というルール決めをしておく
====================

ということです。

○○は、あなた自身が納得できる価値基準を入れてみましょう。
ご自身が納得できれば何でもよいです。

例えば。

迷ったら、成長する方を選ぶ。
迷ったら、やったことの無い方を選ぶ。
迷ったら、より難易度の高い方を選ぶ。
迷ったら、より長期的に継続出来そうな方を選ぶ。
迷ったら、仲間の協力が必要そうな方を選ぶ。
迷ったら、低コストで出来る方を選ぶ。

という具合です。

迷って決められないのは、「決める基準が決まっていない」からで、
底を明確にするのがこのルールです。

ルールを定めることは、迷いによる時間ロスを最小限にできます。

「決断」は、その「決断した事項」そのものよりも、
その後の行動により、成否が決まってきます。

可能な限り「迷い」を減らし、行動する時間を増やし、
成長へと向かって進んでいきましょう。

それではまた明日。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

▼サトウのSNSを今すぐフォローする▼