仕事にどんな意識を持って臨むか

ブレイクスルーコーチのサトウです。

昨日から、嫁の父の実家の松山に来ています。
東京も暑いですが、刺すような日差しでとても暑いです。

温泉にのんびり入って、美味しいご飯を食べて・・・
お休みを楽しんでいます♪

さて。
先日、作家さんと会話をした時のことをお伝えしました。
「熱く語ってください!」という内容で、情熱のあることを語る人のカッコよさをお伝えしました。

その作家さんと話した時に、もう一つ心に留まる内容がありました。
それは、

「自分自身が何者であるか」

という話です。
セルフイメージですね。

彼は現在サラリーマンをしていますが、
気持ちは常に「作家」であり、そういう意識で常に活動しているとのことでした。
そういえば彼のFacebookを見ると「作家」と書いてありますし、
お話を聞くまでサラリーマンやってるなんて微塵も思っていませんでした。

そういう風に「見せている」とも言えるでしょう。

また、「小説家」でもなく、「ライター」でもなく。
「作家」という言葉についても、彼の思いが込められたものだと知りました。

それぐらいにしっかりと自分の像を練り上げている、とのこと。

さすがです。

人間は、脳は、イメージしたことを実現するように行動をしていきます。
自分自身のイメージが、自分自身を作り上げるということに直結します。

見習うべきヒントを数多くいただきました。
自分自身をもっともっと詳細にイメージし、言語化し、
なりたい自分の像に近づくためにセルフイメージを作っていかねば

あなたは、どんなセルフイメージを持っていますか??
しっかりと自分自身を定義し、そのイメージを「言語化」してみましょう。
言語化が明確であればあるほど、実現する確率・スピードが上がっていきます。

それではまた。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

▼サトウのSNSを今すぐフォローする▼